外国人採用のニュース&最新動向まとめ【2017年4月】

外国人採用のニュース&最新動向まとめ【2017年4月】

2017.05.10

外国人雇用の最新動向

注目の「ベトナム人採用」における”トータルソリューション”提供で、外国人採用の「不」を解消 採用難企業のサポートを強化

飲食・サービス、小売流通チェーンや大規模アルバイト・パート採用企業にむけた採用代行サービスを提供する株式会社ツナグ・ソリューションズと、ベトナム人にむけた採用サイトの運営、採用に関わるコンサルティング全般を手掛ける株式会社asegoniaが、大手チェーン企業ならびにアルバイト・パート大量採用企業にむけ、ベトナム人採用、導入実務、コンサルティング等のトータルソリューションにおいて4月1日付けで業務提携を発表しました。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000004558.html

「外国人が選ぶ不動産ランキング1位」の株式会社レジデンストーキョー、ウェブサイトを全面リニューアル!

従来の「賃貸マンション・アパート」という概念をゼロから見直し、東京23区内で家具付き賃貸とマンスリーマンション、ホテルを展開している不動産会社レジデンストーキョーが、全面リニューアルを発表しました。レジデンストーキョーでは国籍を問わず、東京で生活を始めるすべての人が住居を気軽に選び、悩みなく人生を楽しめる社会を実現するため、「カバン一つで生活が始められて、初期費用の負担のない」マンションを運営を展開しています。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000021339.html

飲食店で働く外国人従業員の1ヶ月後離職率は12%。離職率を下げる秘訣は「日本文化の理解」にあることが明らかに。

多店舗展開企業向けサービスマネジメントプラットフォーム「ClipLine(クリップライン)」を提供する株式会社ジェネックスソリューションズが、ClipLineに登録されている外国人従業員の離職データを分析することで、1ヶ月目で12%の外国人が離職する傾向にあるというデータを発表しました。
その原因は、言語の壁や働きがいというだけでなく、「日本文化の理解」であることが明らかになりました。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000011390.html

(株)シュビキ 「日本の仕事の進め方 – 相談の仕方(6言語対応)」eラーニング、アプリ新発売

株式会社シュビキは、日本の仕事における相談の仕方を紹介する「日本の仕事の進め方 – 相談の仕方(6言語対応)」を、5月20日に発売することを発表しました。日本の職場は、諸外国に比べて、チームで仕事をこなす意識が強く、上司や先輩などのヒエラルキーの中で、各人がその役割を果たすという進め方が、一般的になっています。そのため「報告・連絡・相談」が重視されますが、この日常の進め方に慣れるのが、日本で仕事をする外国人スタッフにとっては、一つの難関になります。今回リリースされた「日本の仕事の進め方 – 相談の仕方」では、そのうちの一つ、「相談」のプロセスについて、母国語でその基本を学ぶことができるそうです。

https://www.value-press.com/pressrelease/182763

「ビジネス日本語」eラーニング動画教材を教育ITソリューションEXPO 2017に出展

オンライン日本語能力試験サイト運営、eラーニング制作のアテイン株式会社が、eラーニング動画教材「ビジネス日本語への道(入門)」を、東京ビッグサイトで5/17(水)~19(金)に開催される教育ITソリューションEXPO 2017(小間番号7-52)に出展することを発表しました。

この「ビジネス日本語への道」はeラーニング動画教材です。ビジネス日本語の入門編といえる内容になっており、日系企業の社員とのやりとりを学ぶことができます。英中ベトナム語にも対応しているとのことです。
https://www.value-press.com/pressrelease/182344

編集部からのひとこと

外国人雇用が日本全体として進んでいく流れはありますが、今月発表のニュースの特徴としては「ベトナム人材」がキーワードになりました。ベトナム人材の採用サポートサービスや、ベトナム人材の育成ツールなどの充実に関するニュースが二件発表され、中華件はもちろん今後、東南アジア人材の採用に取り組む企業もますます増加すると思われます。

人気記事

Sorry. No data so far.

PAGE TOP