これから採るなら知っておきたい!外国人採用後のQ&Aまとめ

これから採るなら知っておきたい!外国人採用後のQ&Aまとめ

2017.03.09

実際に外国人を採用するとなったとき、採用後の手続きやマネジメントなどについて不安な事がある担当者の方も多いかと思います。
そんな方のためにこのページでは以下のQ&Aについて回答しています。
 

Q1 外国人を採用した時の研修はどうすればいいのか?
Q2 外国人のマネジメントでの注意点とは?
Q3 外国人のキャリアの考え方とは?
Q4 外国人を採用した後にしなければいけない手続きは?

Q1 外国人を採用した時の研修はどうすればいいのか?

外国人を採用した場合、外国人向けの特別な研修によって日本の習慣やビジネスマナーを学んでもらうことで、スムーズに業務を行ってもらうことができます。

外交人向けの研修サービスを行っている会社もあり、そのような会社に頼むことで業務中のトラブルを減らし早く活躍してもらうための準備を整えてあげることが大切になってきます。

詳しくはこちら→並べて比較!外国人向けビジネス研修サービスまとめ

Q2 外国人のマネジメントでの注意点とは?

外国人は基本的に日本で育ってきたわけでは無いため、日本人とは全く違った文化や習慣、価値観を持っていることも少なくないため細かい点まで上げれればきりがありません。
たとえば日本人同士なら誰でもわかる暗黙の了解や礼儀作法などで、不満を持ってしまうことも少なく無いようです。そのためひとつひとつ丁寧に教えてあげることが必要になってきます。
また逆の立場になって考えてみるとわかるかもしれませんが、信頼関係を築くために、企業側も外国人もお互いよくコミュニケーションをとり、話し合い、双方が歩み寄ることでが大切です。
また信頼関係を築くためには、例えばイスラム教徒のお祈りやラマザンなど、その人の習慣や文化、宗教などを尊重することもとても大切になります。
しっかりと信頼関係ができれば最大限の力を引き出すことができるでしょう。

Q3 外国人のキャリアの考え方とは?

一般的に外国人はキャリアアップのために転職をするハードルが日本人よりも低く、上昇志向が強いため、優秀な人材ほど転職による短期的なキャリアアップや起業などひとつの会社に長期間勤めない傾向にあります。
実際に外国人留学生へのアンケートでも、「一つの会社にこだわらず、転職などでキャリア・アップをしたい」「ある程度会社勤めをしたら、いずれは独立・起業したい」と答えた人が56%にのぼっています。
優秀な人材に長く働いてもらうためには、その人の希望するキャリアプランを明確にすることと、社内のキャリアパスを明確にすることで、将来のキャリアがしっかりと見えるようにしてあげることが大切になります。

Q4 外国人を採用した後にしなければいけない手続きは?

外国人を採用した際には雇用対策法によって、採用した外国人の氏名、在留資格、在留期間などを確認してハローワークに届け出ることが義務付けられています。
また外国人が離職した際も同様の手続きが必要になります。
虚偽の報告を雇用対策法第38条第2項2より30万円以下の罰金が課せられます。

 
 
この記事の執筆に参考にさせていただいたサイト
http://www.disc.co.jp/uploads/2015/12/2015kigyou-gaikoku-report.pdf
https://www.rarejob.com/englishlab/column/20161105/
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000148933.htmlhttps://job.career-tasu.jp/2017/features/foreign/student/realdata/
https://www.jetro.go.jp/news/releases/2016/749840002ccf19fe.html
http://www.disc.co.jp/uploads/2015/12/2015kigyou-gaikoku-report.pdf

人気記事

Sorry. No data so far.

PAGE TOP